イベントレポート

めぐみ小禄南は令和3年8月1日にオープンしてから、1周年を迎えました。
皆様の支えがあったからこそと、深く感謝しております。

めぐみ小禄南では、1周年のお祝いにサーターアンダギーを100個(!)購入して、ご利用者の皆様と職員で楽しみました。
通所のご利用者様にはご家族の皆様にも持ち帰っていただき、多くの方々にお祝いいただきました。

●沖縄そば作り!
利用者様のおひとりがふと発した一言から、
皆、幼少期に作ったことがあるとの話題になり、看多機で沖縄そばを作りました!!
戦後は、米軍が消費期限の切れた小麦粉(メリケン粉)を海に袋ごと廃棄していたらしく、
沖縄の各地の海岸に漂流していたそうです。
それを、拾いに行き見つけた時は、地域の皆で沖縄そばをつくって食べたそうで、
とても楽しい思い出だったそうです。

[看護小規模多機能めぐみ小禄南]

沖縄では毎年、旧暦の12月8日に健康祈願にお餅を食する習慣があります。
厄払いや健康(長寿)を祈願する「カーサームーチー(月桃葉鬼餅)」と呼ばれる「お餅」を供えます。

2021年は、1月20日が旧暦の12月8日にあたり、本日は皆でムーチーづくりをして、健康祈願をしておいしくいただきました♪
ご家族へのお土産分も作りました♪
(※マッシュポテトを餅粉に混ぜ、噛み切りやすく、溶解しやすく、飲み込みやすいように、アレンジしたおもちでした♪)